QIK, Active  

データシート 掲載ホームページ
別品名 SNF1LK2, SIK2, KIAA0781, LOH11CR1I, DKFZp434K1115
種由来 Human
由来詳細 Recombinant, Baculovirus in Sf9 insect cells
適用 Western Blot
Kinase Assay
Accession No. NM_015191
タグ(タンパク質) N-terminal GST tag
発現系 昆虫細胞
分子量 150 kDa
形状 液状
使用目的 QIKは、ユビキチン関連モチーフをもつ中心的なドメインである N末端キナーゼドメインと、C末端の PKAリン酸化部位を保有するセリンスレオニンタンパク質キナーゼである。QIKは IRS1をリン酸化でき、脂肪細胞における QIKの過剰発現により IRS1のリン酸化が上昇する。QIK介在性 IRS1リン酸化によりインスリンシグナル伝達効率が調節され、糖尿病関連インスリン耐性に関与すると考えられる。インスリンは QIKを誘導して TORC2活性を妨害し、TORC2のリン酸化と細胞質への転位置を刺激する。その後、リン酸化されたTORC2は 26Sプロテアソームにより分解される。
その他 [Buffer]50mM Tris-HCl, pH 7.5, 150mM NaCl, 10mM glutathione, 0.1mM EDTA, 0.25mM DTT, 0.1mM PMSF, 25% glycerol.
メーカー 品番 包装
SCP S15-10G 5 UG
希望販売価格 ¥50,000

※表示価格について

当社在庫 なし
納期目安 1週間程度
法規制 カルタヘナ
保存温度 -70℃

 

商品のお問い合わせはこちら

 

メーカー情報
メーカー名 SignalChem Pharmaceuticals,Inc.
略号 SCP
※当社では商品情報の適切な管理に努めておりますが、表示される法規制情報は最新でない可能性があります。
 また法規制情報の表示が無いものは、必ずしも法規制に非該当であることを示すものではありません。
 商品のお届け前に最新の製品法規制情報をお求めの際はこちらへお問い合わせください。

© COSMO BIO