高感度、特異的にRNAを可視化 RNAscope(R)RNA in situ ハイブリダイゼーション

RNAscope®とは?

Advanced Cell Diagnostics社 RNAscope® は、FFPE 組織、凍結組織、培養細胞等のサンプル中の RNA を、独自の RNA in situ hybridization 法により検出する技術です。
様々な生物種の解析にご利用いただけます。

今、注目の技術!

多様なアプリケーション、注目を浴びている技術です

  • 発現量の低い遺伝子 (mRNA) の解析
  • ノンコーディング RNA の発現解析
  • 新型コロナウイルスなどのウイルスの検出
  • 免疫組織染色に最適な抗体がない場合の代替法として
  • 抗体との二重染色
使用文献数3100報突破しました!2020年11月現在
特長はココ

ユニークな Z 型プローブとシグナル増幅法で高感度検出

Z型プローブとシグナル増幅法で高感度検出
豊富なカタログプローブ

約 20,000 種類のカタログプローブをご用意

プローブデザイン → プローブ合成 → 試薬お受け取り → 切片作製 → 染色 → データ解析
様々なアッセイタイプ

試薬キット、染色サービスをご提供

試薬キット、染色サービス一覧

充実のサポート

アプリケーション

アプリケーションノート 研究者が使ってみました!

RNAscope®を用いた心筋梗塞病変の組織学的評価と注意点
名古屋大学医学系研究科 腫瘍病理学 原 昭壽 先生

“「免疫染色に適した抗体が確立していない比較的マイナーなタンパク質の発現組織解析」を目的としたケースでは RNAscope® が積極的に推奨されます。”

免疫組織染色に最適な抗体がない場合に|HPVウイルスの検出|抗体との二重染色|ゼブラフィッシュ胚

mRNAや長鎖ノンコーディングRNAの検出に
RNAscope® アッセイ

受託サービス
RNAscope® アッセイサービス

1つの組織上で最大12ターゲット検出可能
RNAscope® HiPlexアッセイ

変異やスプライシングバリアントの検出に
BaseScope™ アッセイ

miRNAなど、small RNAの検出に
miRNAscope™ アッセイ

RNAとタンパク質の同時検出に RNA-Protein Co-Detection Ancillary Kit