コスモ・バイオのいちおし!がん研究用試薬

mRNAの発現解析

【局在解析】 RNAscope® in situ hybridizationアッセイ

CTLA4 / PD-L1

RNAscope® は、FFPE 組織、凍結組織、培養細胞等のサンプル中の RNA を、独自の RNA in situ hybridization 法により検出する技術です。

【アプリケーション】

  • 発現量の低い遺伝子(mRNA) の解析
  • ノンコーディングRNA の発現解析
  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)などのウイルスの検出
  • 免疫組織染色に最適な抗体がない場合の代替法として
  • 抗体との二重染色

【定量解析】 QuantSeq 3’mRNA-Seq 次世代シークエンス解析用ライブラリー調製キット

QuantSeq ライブラリー調製

mRNAの網羅的な定量解析に特化した、RNAシークエンス解析用ライブラリー調製キットです。
転写産物の 3ʼ末端側のみシークエンス解析するためリード数を抑えられ、シークエンスランに使用する試薬を節約できます。

【アプリケーション】

  • サンプル中のmRNAの種類・量を網羅的に調べる
  • サンプル間で同一遺伝子の発現量を比較する

microRNAの発現解析

【局在解析】 miRNAscope™ in situ hybridization アッセイ

miR-223-3p / CD3 (IHC)

miRNAscope™は、RNAscope® を応用した microRNA in situ hybridization 法で、従来の RNAscope® では検出が難しかった短鎖 RNA(mature miRNA やアンチセンスオリゴヌクレオチド等の核酸医薬)を組織上で検出可能です。内在性 miRNA の局在解析や核酸医薬の生体内安定性評価にご利用いただけます。

【特長】

  • miRNA、siRNA、アンチセンスオリゴヌクレオチドなどの短鎖RNA(17-50 nt)を検出可能
  • FFPE組織、新鮮/固定 凍結組織、培養細胞など様々なサンプルに対応
  • あらゆる動物種で検出可能 - ヒト、マウス、ラット、ウシ、サル、ゼブラフィッシュ etc.
  • 抗体を用いた免疫組織染色と組み合わせ可能

【定量解析】 Small RNA-Seq 次世代シークエンス解析用ライブラリー調製キット

Small RNA-Seq ライブラリー調製キット

total RNA や small RNAサンプルからイルミナ社シーケンサー用ライブラリーを5 時間以内で作製可能です。遺伝子発現制御において重要な役割を担っているとされるmiRNAやsiRNA等のsmall RNAの定量解析が可能です。

【特長】

  • ゲルフリープロトコルで操作は簡便
  • 5時間以内でライブラリー作成可能
  • RNA 必要量は 50 pg から(推奨:50 pg - 1,000 ng)
  • 血漿、血清、尿のようなRNA含量の低い検体にも対応
  • i7インデックスにより96サンプルまでマルチプレックス解析が可能

TraPR Small RNA 単離キット

RISCから機能性small RNAを単離

カラムを用いてRISC(RNA-induced silencing complex; RNA誘導サイレンシング複合体)と呼ばれるRNA-タンパク質複合体の画分を調製後、フェノール・クロロホルム法でsmall RNAを単離します。様々な生物種(真核生物)やサンプルタイプにご使用いただけます。

エクソソーム研究

エクソソームモノクローナル抗体 Anti CD9, CD63, CD81

CD9抗体(12A12)による血清中エクソソームのIP-WB結果

エクソソーム研究のゴールドスタンダード

本製品はエクソソームマーカーとして知られているCD9, CD63, CD81を特異的に認識する抗体で、血清、培養上清から免疫沈降法を用いて、エクソソームを単離することが出来る抗体です。 * 特許一部成立済

CD9 / CD63 ELISA キット (ヒト由来エクソソーム定量用)

絵:落谷 孝広 先生

血液サンプルや細胞培養上清からエクソソームを直接定量!

  • 標準試薬として保存安定性に欠けるエクソソームそのものを使用せず、CD9/CD63 融合タンパク質(標準タンパク質)を 利用することで安定性と再現性を確保
  • CD9/CD63 融合タンパク質(標準タンパク質)で補正することで各サンプルの相対定量が可能
  • 固相化した CD9 抗体 (12A12) でエクソソームを捕捉し、HRP 標識した CD63 抗体(8A12)で検出

がん幹細胞研究

抗ヒトCD44v9 / 抗マウスCD44v10-e16 抗体

がん幹細胞が濃縮できます!

がん幹細胞の濃縮に!

CD44v(CD44バリアント)抗体は、がん幹細胞において高頻度で発現亢進している膜抗原CD44v8-10 に高いアフィニティで結合するモノクローナル抗体で、セルソーター等の検出系を用いることにより、これまで困難であったがん幹細胞の濃縮が容易に実現可能となります。

磁気分離を利用してがん幹細胞を濃縮するキット

Magnetic Cell separation Kit for Human CD44v9+ Cancer Stem Cellは、がん幹細胞に高頻度で発現亢進している膜抗原CD44v8-10に高いアフィニティで結合するモノクローナル抗体を結合した磁性粒子で、磁気分離を利用してがん幹細胞を濃縮することができます。

化合物ライブラリ

SCREEN-WELL® Compound Library(化合物ライブラリ)

Enzo Life Sciences社ではスクリーニング用に関連化合物を集約したセットや研究ツール化合物として使用する既知の生物活性の確認、合成、商業化に長年成功してきました。 SCREEN-WELL® Compound Library は簡便で化合物スクリーニングに最適です。

【商品ラインアップ】

  • Toxicity(心毒性、肝毒性、造血毒性など)
  • Drug Repurposing(FDA承認薬)
  • Cancer Inhibitor Screening(がん阻害薬)
  • Pathway Targeting(オートファジー、エピジェネティクス、Wntパスウェイ)
  • Chemical Genomics(ICBB既知生理活性、イオンチャネルリガンド、キナーゼなど)
  • Receptor D-Orphaning(神経伝達物質、オーファンリガンド、内在性カンナビノイドなど)
  • Lead Screening(天然物)
  • Stem Cell regulatory/Signaling Pathway Screening(幹細胞)
ページTOPへ